ゴミ回収業者を見極めよう

ゴミ回収業者はどうやって選べば良いのか?

ゴミ回収業者はどうやって選べば良いのか? ゴミ回収業者を安いだけで選んでしまうとトラブルに発展してしまうことがあり、選ぶ場合にはある程度の慎重さが必要です。
どうやって選ぶべきか悩んだ時に一番最初に確認するべきは、許可を得て業務を行っているかを調べます。
不用品を取りに来てくれるゴミ回収業者の中には、許可を得ていないのに活動していることがあって、安い料金で仕事を請け負い、引き取ったゴミは不法投棄して、適切な処分を行わないことで儲けを出していることがあります。
不法投棄は犯罪であり、知らずに依頼したとしても、ゴミを出した側も何らかの罰則を受ける可能性があるので、都道府県から産業廃棄物や一般廃棄物の収集運搬許可を得ているか必ず確かめましょう。
料金の算出方法も業者によって違いがあり、固定の出張料金にプラスして、ゴミの数や大きさ、重さなどで価格が決まっているところもあれば、ゴミの量を実際に確認して見積もりを作成したり、トラック1台分で価格が決まっているような場合もあります。
マンションなどの場合、エレベーターがなく階段を利用した搬出作業になると、その分特別料金が発生することがあります。
万が一、建物を傷つけられたりした時のことも考えて損害賠償に対応しているところだとより安心です。
処分が終わった後、きちんと処分されたことを報告書類を作成し、提出してくれる業者であればより良いです。

ゴミ回収業者の比較の仕方

ゴミ回収業者の比較の仕方 ゴミ回収業者には、多く分けて2種類あり、リサイクルを目的としている業者と単純にゴミ処分を行う業者となります。
前者の場合は、リサイクル料金などがかかる場合がありますが、処分料そのものは無料か、かかったとしても定額なのが一般的です。
場合によっては高額で買い取ってくれるケースもあるので、不用品をゴミとして出す際には、ネットなどでリサイクル情報などを良く確かめることが大事だと言えます。
一方、後者の場合は、不要品の種類によって処分費用が異なり、中には高額な料金を請求されることがあるので、注意が必要です。
不要品回収業者は色々あると思われがちですが、しっかりと会社登録している業者は実は少ないのが実情です。
軽トラックが一台あれば脱サラして簡単に行えるので、警察に「巡回登録」していない業者も多くあります。
中には不要品回収業の資格すら取得していない場合もあり、そうした業者が不法投棄を行っていると言えます。
それ故、信頼できるゴミ回収業の選び方としては、インターネットなどで公に身元を明らかにしている業者を探すことです。
その中での、ゴミ回収業者の比較の仕方としては、電話での応対の仕方や見積もりなどで判断することができます。

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>